Isahaya-Teien
People 07
Stone 04
Stone 06
Air 02
Air 04
Air 05
Air 06
Air 09
Air 08
Air 09
Tree 01
Tree 02
Tree 03
Tree 04
Stone 01
Stone 02
Stone 07
Stone 03
People 01
People 04
People 03
People 05
Takeshi Nagasaki

About.

28th Anniversary Exhibition

長崎 剛志

Takeshi Nagasaki

art gardener

Takeshi Nagasaki (born 1970, Nara, Japan), the founder of N-tree, calls himself an ‘art gardener’. Having studied at Tokyo University of the Arts he spent two years in Spain to study painting and returned to Japan to work with woodcuts and sculpture, while at the same time embarking on a degree in landscape studies. In 2008, relocated to London, moving back to Japan in 2010. Nagasaki created many Asian minimalist landscaping design in various environments, whether its large or small.

N-treeは「根っこまで考えます。」をコンセプトに見えないものを追いつづけています。樹木の細胞、石の結晶、空気の形、人の記憶。 それらは庭をつくる上での大切なソースです。何千年もの先を妄想しつつ、人間の欲望を噛み砕きながら、オリジンな空間を生み出していきます。

N-tree代表庭園美術家、1970年奈良県生まれ。古都奈良で過ごした幼少期に、建築家の父親に連れられ、身近に神社仏閣に接する。京都東寺にある仏教高校卒業後、東京芸術大学美術学部絵画科に進学。在学中スペインに渡り、マドリッド・コンプルテンセ美術大学で聴講生として油絵を学び、復学後木版画や木彫を始める。1991年から1992年と1994年、ラコタ族(アメリカ・サウスダコタ州)のレザベーションを訪れ、自然・樹木に対する信仰を経験。1995年大学卒業後、独学で作庭を学び、1997年にN-tree (庭ノ心ながさ木)を設立。
その頃から障害者芸術をサポートするエイブルアートムーブメントに参加し、展覧会のキュレーションなどにも関わる。2005年~2007年、石と木によって生みだされる庭の仕事から得た着想をもとに、個展「Seeds(種)」シリーズを発表。2008年〜2010年、イギリス・ロンドンでの作庭が“ART GARDEN”として批評され、海外のプロジェクトに繋がっていく。帰国後、東日本大震災では以前からつながりのあった仲間と「復興支援プロジェクト庭JAPAN」として松島、石巻などで支援活動に取り組んだ。2019年〜2024年、長崎県諫早神社の江戸期に作られた庭園を改修した神仏習合の庭「諫早神社の御神苑」が竣工。現在東京を拠点に世田谷の個人邸、ロンドンの集合住宅の中庭など国内外のプロジェクト進行中。

代表作に「黒土と六角錘の庭」(2008年 神奈川)「Subtracted Garden」(2008年 イギリス) 「Homogenous Garden」(2013年 インド)「818 Garden」(2013年 フィリピン)「舟ノ庭」(2015年 東京)「OGROD POEZJI 計画案」(2016年 ポーランド))「三業の石据」(2017年 埼玉)「自然な庭、不自然な庭。」(2018年 東京)「西治プロジェクトの茶庭」(2024年 千葉)など。主な展覧会として「Seeds 1〜5」(2005年〜2007年 東京)「MEMENTO GARDEN」(2009年 ロンドン)「石と種」展(2016年 東京)など。2024年〜2025年にかけて設立28周年記念庭園美術作品展、「原始庭苑」の開催予定。 

When making art for the garden Nagasaki wants to transpose the essence of deep meditative thought into the beauty of natural form. The act is not to create nature by sculpting but to preserve nature by casting. Using materials such as bamboo, leaf, and stone, and changing their material state into glass and bronze represents a kind of rebirth of the natural elements, giving light and energy back to the garden. These art objects also represent a kind of MEMENTO for the garden that contains profound sense of beauty. The symbolism method, which materialises the invisible realm of the memory is a strong influence in the Japanese garden embodying the spirit of Zen.    Nagasaki comments: “Seldom is the art set in my garden insistent. Rather it is of things sweet and ambiguous, permeating the atmosphere and becoming almost invisible. “

Press Release “MEMENTO GARDEN” 2009

Portfolio.
Instagram.

2024.6: 

WEBマガジン ARTiTの椹木野衣さんの連載、美術と時評110:平成新山と三角すい — 諫早神社と四面宮で諫早神社を取り上げていただきました。
https://www.art-it.asia/top/contributertop/248562/

2024.4: 

美術手帖 2024年4月号に掲載されました。伊勢市クリエイターズワーケーション2020の特集に参加者の一人として取材を受けました。

2023.1: 

三重県伊勢市主催、伊勢市クリエーターズ・ワーケーション2020 の参加クリエイターとして選ばれました。2023年の1月に伊勢に滞在し、「神社の庭って何だろう?」をテーマにレポートを作成いたしました。伊勢滞在記として公開されております。

伊勢滞在記 – 01 / 02 / 03

2023.12:

2019年より始まった諫早神社の庭苑計画も龍池と雲舞台の完成、そして雲仙塚に鯨石をお迎えすることにより御神苑が誕生いたしました。
現在、雲仙塚に設置する三本の柱による陶器の鳥居の製作を進めております。この度、鳥居建立を祈念致しまして、N-treeによる庭苑計画案のための空想説話集、『冥庭集』の図案を使用した御朱印帳を諫早神社様より奉製、数量限定で頒布しております。こちらの御朱印帳の初穂料は鳥居建立資金として活用させていただきます。

詳しくは下掲載の諫早神社様発行の神社だより、または諫早神社 ウェブサイトをご覧ください。計画詳細についてはこちら – N-tree 諫早神社の庭苑計画 ウェブサイト

2021.1:

国分寺市地域のプラットフォーム、ぶんじチャンネルでインタビューを受けました。
N-treeの仕事についてわかりやすくまとめていただいております。
ぶんじch コクブン人  インタビュー記事

2019.2:

雑誌 庭 2019 春号 – 時代を映す空間 「寺院の庭」の特集に安行持宝院の石庭、三業の石据が掲載されました。
Tricolour Garden was published in Spring 2019 issue of NIWA Magazine. http://niwamag.net/

2023.10:

海外向けオンデマンド放送のNHK WORLD-JAPANの番組、DESIGN TALKS plusに出演致しました。テーマは、STONE-石です。地上波で日本語版も放映されました。
Takeshi Nagasaki appeared on Japanese TV program for overseas “DESIGN TALKS plus”.

2018.6:

青山のギャラリー5610にて、『白井晟一の「原爆堂」展 新たな対話にむけて』が開催されました。N-treeはこの展覧会の企画、展示構成などに関わらせていただいており、原爆堂が発表された1955年前後の核を主題とした作品の年表を制作いたしました。
核という言葉が、以前にも増してよく耳にする気がしております。時代、時代の核に関する作品に触れ続けることの大切さ、そんな場によって対話の輪が広がることを願っております。

白井晟一の「原爆堂」展  新たな対話にむけて

2018年6月5日(火)~30日(土)
11:00~18:00(最終日16時まで)会期中無休

Gallery 5610
http://www.deska.jp
東京都港区南青山 5-6-10 5610番館 TEL 03-3407-5610

主催:原爆堂建設委員会
監修:白井晟一研究所
CG制作:株式会社竹中工務店・白井晟一研究所
問い合わせ:info@genbakudo-project.com
WEB:http://genbakudo-project.com/

長崎 剛志

info@n-tree.jp

Takeshi Nagasaki