Tricolour Garden

埼玉県川口市安行に位置する持宝院の礼拝堂を囲む石庭。400年という歴史を持った寺院に、この先も長く受け継がれていく庭となるよう取り組んだ。

彩り豊かな9つの巨石33.3tと小さな石12.7t、合計46tもの自然石を仏教の“三業”を暗喩しつつ作為的に構成した。植栽は生長し少しづつ庭を形作ってゆくことを想定して敢えて若い苗木を選んだ。600年後の木々の姿と庭の風景に思いを馳せる。

三業の石据 2017年 9月